読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の住宅は寒い

日本の住宅は、どんなものでも基本的には寒いという。

つまり、夏のじっとりとした日本特有の蒸し暑さに向けて作られたものが多く、

風通しをよくするために断熱性能が低いのだそうだ。

結果として冬は寒くなり、暖房代がかさむというわけである。



よく北海道の人が東京に住んで、東京の家は寒い、と言うことがあるが、

これは北海道の暖房の性能が寒冷地向けのため、高いのであろう。



それでは暖房の性能を変えずに、住宅の持つ性能を上げて寒さに対抗する場合、

どんなケースがあるのだろうか。



これには先に挙げた、住宅の断熱性能を挙げることが、実は一番効率がいいのではないかと推測する。

例えば、壁の材料に密度の高いものを選び、熱を逃さないようにする。

また、窓などの開口部は大きく取ることで太陽光を取り入れ、

その上でサッシを2重や3重にし、取り込んだ熱も外に逃さないようにする。



このサイクルがうまく生まれれば、暖房を使わなくとも住宅が冷えることはなく、

室内の気温が下がりすぎることはない。

逆に夏場は、夜のうちに涼しい空気を取り込んでおけば、日中の室内はある程度涼しいままに保たれるだろう。



日本、特に東京の冬は年々寒くなっているように感じられる。

仕事を終えて帰宅したときに感じる、部屋の底冷えしたあの感じ。

それを取り戻すかのように上昇させていく、暖房の設定温度。



電気代節約のためにも、今一度、自身の住宅の作りに目を向けてみるのも良いのかもしれない。